読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユ・リ・パの真実について

FF15のトロフィーをコンプしたので、以前買ったけどクリアしていなかったFF10-2を始めました。

一応PS2版はクリア済みですが。

f:id:odd0310:20170204221513j:plain

 

開始早々の「ユ・リ・パ レディ!」でいろいろあきらめた人も多いゲーム。

そしてFF10と比べて軽すぎるノリやドレスフィア(ジョブ)のコスプレ感のせいでFFファンにはクソゲー認定されているこのゲーム。

たしかにひどい部分も多いですが、実際にプレイしてみると意外と悪くないんです。

 

FFは毎回システムが変わりますが、今作で採用されているドレスフィア。

コスプレ感と書きましたが、システムとしてはFF3、FF5と同じジョブシステムなんです。

ドレスフィア(ジョブ)を変えて、ドレスフィアごとにAPをためてアビリティを覚えていくシステムですね。

 

そして今作のバトルシステム。

10ではターン制バトルでしたが、今作はFF4〜9に採用されていたおなじみのATB、アクティブ・タイム・バトルなんです。

そのATBもかなり進化していて、今まではゲージがたまりコマンドを入力したキャラから順番に行動していたのですが、今作では他のキャラが行動中もリアルタイムにキャラが行動するんです。

また戦闘中にドレスフィアの交換、つまりジョブチェンジも可能なんです。

個人的には今作のバトルシステムはFFの中でも1番の出来なんじゃないかと思ってます。

公式サイトのバトルシステムの説明です。↓

www.jp.square-enix.com

 

そしてエンディングも個人的にはかなり好きです。

ああよかったなぁ…と素直に思えるエンディングなんじゃないかな、と思います。

軽すぎるノリに目をつぶれば名作とまではいかないまでも普通に良作ではあると思うので、未プレイの方はぜひプレイしてみてください。